自宅でも飲める水素水の魅力|健康体を保つ為の方法

水素を全身の細胞に

レディ

1mlに約100兆個

水素は、この世に存在する全ての物質の中で、最もサイズが小さいことから注目されています。人間の細胞も、ひとつひとつは目に見えないほど小さいのですが、水素はその約300万分の1というサイズなのです。この水素を、飽和状態になるまで閉じ込めた水が、高濃度水素水です。具体的には高濃度水素水には、濃度の高さにもよるのですが、一般的なものだと1mlあたりに約100兆個もの水素が含まれているのです。そのため高濃度水素水を飲むと、胃腸からは水分と一緒に大量の水素が吸収されます。水素は、自動車などの乗り物の燃料にも使われている物質です。その水素が吸収されることで、体内の細胞はより活発に働くようになりますし、それにより全身の機能が向上しやすくなります。

約20分で全身に

サイズが小さいということは、体内への吸収率も高いということです。そのため高濃度水素水を飲むと、水素はスピーディに血液に溶け込みます。そして血液の流れによって、約20分で全身に行き渡るようになるのです。もちろん毛細血管にも入り込むので、その先にある細胞にもしっかりと届けられます。毛細血管が多い分、栄養分が届きにくい脳でも、水素ならスムーズに行き渡るのです。これにより脳細胞の働きも高められるため、高濃度水素水は痴呆の予防のためにも飲まれています。また、水素が入り込むことで、毛細血管では血流そのものが良くなっていきます。そのため、血行不良による冷えや血圧の上昇などに悩んでいる人からも、高濃度水素水は関心の目を向けられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加